ついついいつも忘れがちな靴のお手入れについて

毎日の洗顔や化粧水、乳液など、お肌のケアは毎日欠かせませんよね。
着る服だって、コートは家に帰ったらブラシを掛けてからハンガーに吊るすし、シャツにはしわが付かないように保管すると思います。
見た目を気にするというとちょっとナルシストっぽい感じもしますが、だれでも人に見られる部分は気にするものです。
でも、しっかりと靴のお手入れはこまめに出来ているという人はどれくらいいるでしょうか。
私は、ついついいつも靴のお手入れを忘れてしまったりするんですよね。
革靴だけでなく、スニーカーだって、ときどきお手入れをする必要があります。
ちゃんと汚れやホコリを取って、防水スプレーを掛けたり、靴底や中の除菌をしておけば、いつまでもきれいに履けたりします。
でも、家に帰ってきて靴を脱いでしまうと、もうそれっきりになってしまうことが多くないでしょうか。
先日、久しぶりにきちんと靴のお手入れをしたときに、そんなことを思ってしまいました。銀座カラー 予約

ニュース記事にコメント欄などなぜ設置するか?

今ではインターネットでいろんなニュースを知ることができる。そのニュースを発信しているメディアはいろいろあるが、それを見ていていつも気になるのは、一部のメディアがわざわざ記事に対して読者のコメントを投稿できるようになっていることだ。記事を見て読者がコメントを投稿できることで読者の本音を知りたいつもりであろうが、そのコメントの多くが誹謗や中傷であふれかえっている。これは日本だけの問題ではなくて世界的な問題となっている。その誹謗中傷であふれかえってるコメントを見て、やはり別の読者が辟易してコメント欄など設置をしないほうがいいという意見の人もいる。それにもかかわらずコメントを投稿できないように改善しようとしないのは、発信側がアクセス数稼ぎで収益を稼ごうとしているのではないかと勘繰ってしまう。これでは発信側が自らヘイトスピーチを放置してることを宣言しているようなものだ。特にYと名乗る検索サイトの各社マスコミの転載ニュース記事に対する対策がひどい。これからの課題はこれらのニュース記事に対してコメントを投稿できないように規制してすべての読者がそのコメントを閲覧できないようにして不快な思いをさせないようにすることだ。そしてそれができない組織に対しては罰則を与えるべきであると思う。その規制が遅れてる点でやはり日本は後進国であるかもしれない。https://www.sgpph.org/kireimo-ryokin.html